風に流されてる場合じゃない

趣味と経験と雑感と偏見と妄想のブログ。25歳アラサーの男。独身。

1年間、マッチングアプリ「Pairs」を試してみた話 その9

前回のあらすじ。
マッチングして会った女性と結局全部うまく行かなかったが、

マッチングした女性を男友達に紹介したらくっついちゃった。

 


改めて自分の当時のスペック。
・25歳 独身男性
・見た目 決してイケメンではない。似てる有名人は芸能リポーター井上公造
・職業  自営
・収入  嘘は付かない範囲でちょっと盛っていた。

 

 

ペアーズ再開も最終局面を迎えた。

再開後半年で100人とマッチングしたが、誰とも続かなかった。

友達化したひとも彼氏ができると連絡が途絶える例も多く、結局誰1人ロクに縁が続かなかった。

 

 

最終週でお会いしたのは3名。

飲んだだけの人、不発。

カラオケだけいった人、不発。

 

 

ところが最後にマッチングした27歳女性が外見趣味性格フィーリング全てストライクゾーンど真ん中だった。

16時から飲み始め相手が終電逃すほど会話が弾み、ものすごく楽しかった。

僕の家に連れ込み、そこでも楽しい会話をしたのだが、

そこで衝撃のカミングアウトをされた。

 

 

 

「私、バツイチなの」

 

 

 

あまりの衝撃でそこからの記憶がない、やらかしてしまったのだ。

そしてバツイチ理由はまだ聞けていない。

 

 

この記事を書いている今これから、その女性とごはんを食べに行くので、その際聞いてみようと思う。

 

 

 

そして私は合計1年半やったペアーズを退会してしまった。